通常の包丁の300倍の耐久性

驚愕の耐久性

優れた切れ味の品質と並外れた耐久性がEVERCUTの魅力です。

EVERCUTはテクノロジーの開発の中で、実際のパフォーマンスを測定することにも努め、非常に素晴らしい結果が出ています。

この検査の結果、通常のステンレスやセラミックの包丁を圧倒的に凌ぐ、驚くべき性能の違いを証明できました。

通常のステンレス包丁と比べ300倍、セラミック包丁と比べても5倍以上の耐久性を誇る事が第三者の研究機関によって証明されました。

上記試験の調査機関: 英国の研究機関CATRA社(Cutlery&Allied Trades Research Association) 上記の研究機関の検証の結果、
通常のステンレスの包丁に比べ、EVERCUTの刃は300倍切れ味が長持ちすることが証明されました。

多くの人は包丁を研がない

世界的な調査会社であるIPSOS社が、フランスで2010年に実施した調査によると、フランス人のうち、「包丁の研ぎ方が分からない」「包丁を自分で研ぐのが嫌い」「包丁を研ぐ機器を持っていない」という人達の割合は、何と38%に達しました。(「自分で包丁を研ぐ人」は、62%に留まりました。)

また、若い世代では傾向はもっと顕著になり、18から24歳では実に32%が、33歳から44歳でも27%の人が、一度も研がずに包丁を捨ててしまうことがわかりました。

EVERCUTはフランスのこのような人達の為に作られた画期的な商品です。
日本では、同様な統計調査は行われていないようですが、事情はさほど変わらないのではないでしょうか?